新着情報

News

バレエをやっていない方でも大歓迎!
姿勢を美しく整えて気分も代謝もアップするバレエストレッチ

2023.12.11コラム

子どもの頃、バレエを習うことに憧れを抱いていた方も多いのではないでしょうか?
バレエは大人になってからでも年齢に関係なく始めることができるもの。最近ではバレエの美容効果や健康効果にも注目が集まっています。
そこで、今回はバレエをやったことがない方でも気軽に始められる、「バレエストレッチ」をご紹介します。バレエの要素が入っているので、これからバレエを始めようと思っている方は、はじめの一歩としてチャレンジしてみても良いかもしれません。また、運動不足が気になる方や身体を引き締めたい方にもおすすめ!バレエストレッチを通して、理想の体を手に入れましょう。

 

バレエストレッチとは何?

バレエストレッチは、単なるストレッチとは異なり、バレエの要素を取り入れたストレッチです。「身体を伸ばしたり、柔らかくするためなら、普通のストレッチでも良いのでは?」と思われるかもしれませんが、バレエストレッチでは普通のストレッチでは得られない効果が期待できるんですよ。

 

一番の違いは、バレエストレッチでは姿勢を良くするためのエクササイズが多いこと。単に身体を動かす普通のストレッチとは異なり、バレエストレッチでは背筋をピンとさせて姿勢をよくすることを重視するので、猫背などの姿勢の悪さを矯正する効果が期待できるんですよ。また、腕の動きのエクササイズもあるので、日常の所作が美しくなるという嬉しい効果もあります。

 

バレエストレッチは、身体を柔らかくしたい方や、バレエや他のジャンルのダンス、お芝居などで生かせるしなやかな身体を作りたい方、身体を動かす習慣を身に付けたい方、日頃からマッサージに通っている方など、さまざまな方におすすめできるエクササイズです。

 

バレエストレッチの効果は?

こちらでは、バレエストレッチで得られる年代別の効果を見ていきましょう。

 

《20〜30代》

20代~30代はお仕事が忙しい年代ですよね。仕事のストレスや、日中の立ちっぱなしや座りっぱなしの姿勢で、体が緊張したり、こわばっているという方も多いかもしれません。
そんな時こそ役に立つのがバレエストレッチです!
バレエストレッチでは、全身の血行がよくなり、冷え性や筋肉のコリ、むくみを改善できるほか、疲労回復効果を高める効果があるので、疲れにくい身体作りをサポートしてくれるんですよ。生徒さんからも、「仕事で疲れた状態で来ても、レッスンが終わる頃にはリフレッシュできた!」「疲れていたけど体がスッキリしたので、来てよかった」という声が挙がっています。

 

《40代》

40代は徐々に体型が変化してくる時期。30代までは気にならなかったところにお肉が付いてくることもありますよね。バレエストレッチでは全身の筋肉をバランスよく鍛えることができるので、しなやかなボディのままシェイプアップが叶うんですよ。全身の筋肉が柔らかくなり、血流の流れがよくなるので、代謝が上がって太りにくい体づくりにも効果的です。生徒さんからは、「バレエストレッチを始めてから痩せた!」という声が多く聞かれます。
また、40代はホルモンバランスの変化も出てくる時期ですが、バレエストレッチで適度な運動を取り入れてストレスを発散させていると、ホルモンバランスが整い、イライラや生理痛を軽減できるんですよ。

 

《50代》

50代に入ると、加齢によって筋肉や腱の柔軟性が低下し、関節の可動域が狭くなってきます。また、更年期に入って女性ホルモンの分泌が減ると関節はさらに硬くなります。関節が硬くなると、そこについている筋肉の動きも悪くなり、使われない部分は血流が低下。結果的に肩こりを始めとする筋肉のコリや痛みが生じてしまいます。
しかし、バレエストレッチをすれば筋肉がほぐれ、血流も促進されますから、肩周りの動きもスムーズに。肩周りのコリがほぐれると、背中のラインもスッキリしてきますよ!

 

今日から早速やってみよう!自宅でできるバレエストレッチ方法を解説

1.肩こり解消

長時間スマホやパソコンを使っていると肩が凝ってきますよね。
肩甲骨に効くバレエストレッチをおこなえば、肩こりを解消できるだけでなく、背中の脂肪をつきにくくしてくれるんですよ!

①あごを引いて、背筋をピンとまっすぐに伸ばします。
②両手を上に伸ばして、手の甲を合わせます。両腕はできるだけ耳の後ろに来るようにします。
③そのままの状態で、ゆっくりひじを曲げながら、両腕を下ろしてきます。
④上げ下げを1セットにして、10回繰り返しておこないましょう。

呼吸をしながらおこなうことと、腕をしっかり大きく広げた状態で下ろすことがポイントですよ。

 

2.太ももスッキリ

太もものラインをスッキリさせたい方は、開脚ストレッチで太ももの内側を伸ばしていきましょう。

①床に開脚をして座り、無理のない範囲で上体を前に倒していきます。
②次に右足を折り曲げて、足裏を左ももの内側につけます。
③左足の爪先を左手で掴み、上体を左に倒しながら右手は上方向に引っ張ります。
④そのまま10秒キープしたら、反対側も同じようにおこないましょう。

サイドに上体を倒したときに、体の側面や内ももが伸びていることを意識しながらおこないましょう。最初は身体が床や足につかなくても、毎日コツコツと続ければ必ず変化が出ますから、焦らないでくださいね。

 

3.脚痩せストレッチ

脚の裏側は意外と疲れがたまりやすい部分です。脚の裏側全体もバレエストレッチでほぐして、しなやかな脚のラインをつくりましょう。

①床に座って両脚をそろえ、前に伸ばします。
②両腕を天井に向かって伸ばして、しっかり骨盤を立てます。
③そのままの状態で、上体をゆっくり前に倒していきます。
④20秒キープしたら①の状態に戻ります。これを5~10回繰り返しましょう。

ポイントは、なるべくひざを曲げないことと、骨盤から前に倒すイメージでおこなうことです。そして、天井に両腕を伸ばしたときは、バレリーナのように指先まで意識してしっかり伸ばしてみてくださいね。

 

【Q&A】バレエストレッチに関するよくある質問

1.体がガチガチに硬いのですが、バレエストレッチに参加しても大丈夫ですか?

もちろん大丈夫です。前屈が全く床につかない方、開脚がとても苦手な方でも参加していただけます。継続していくうちに柔軟性は上がっていきますので、心配はいりません。また、バレエストレッチは筋肉をやわらかくして、巡りの良い体にすることが目的のクラスですから、スタート時点で体が硬くても全く問題ありませんよ。

 

2.バレエストレッチはバレエ経験がなくても受けられますか?

もちろん大丈夫ですし、そういった方も通っています。クラスの中で踊る事はないので安心して下さいね。また、バレエストレッチを受ける方の中には、昔バレエをやっていたけど今はもうやっておらず、柔軟性だけでも取り戻したいという方や、バレエを再スタートする前に体を慣らしておきたいという方もいらっしゃいますよ。

 

3.このクラスを受けることで、普段の生活でどんな変化が期待できますか?

体が軽く感じられるようになるほか、全身の血行が良くなるため、冷え性が改善されたり、太りにくい体になるなどの変化が起こります。気持ちの面では生活にハリが出て、フットワークが軽く、イキイキとしてくるでしょう。一緒にクラスを受ける仲間との交流も楽しめるかもしれません。

 

4.普段ほとんど運動をしていないので、レッスンについていけるか心配です。

バレエストレッチでは息が上がるようなハードな運動はしませんから、普段運動をしていないという方でも心配はいりません。バレエストレッチは運動不足の方が無理なく体を動かすのに最適なエクササイズですよ。もし体の悩みやケガなどがある時は、遠慮なく講師に話して下さいね。

 

5.バレエストレッチをすると、開脚が出来るようになりますか?

すぐにできるようにはなりませんが、継続することで徐々に体がやわらかくなり、開脚の角度も広がってきますよ。正しいストレッチの方法をクラスで学び、家でも実践すると、体がやわらかくなるスピードは上がっていきます。大切なのは焦らずに継続することです!無理して脚を開こうとすると怪我の原因になりますから、講師のアドバイスに従って、正しいやり方で体をやわらかくしていきましょう!

 

エアリーズバレエスタジオで気軽にバレエストレッチを始めてみませんか?

 

今回はバレエストレッチの魅力をご紹介しました。
エアリーズバレエスタジオではストレッチクラスを開講しています。現在は40代以降の生徒さんが多いですが、20~30代の方も大歓迎!ジャージやスウェットで気軽に参加できるため、バレエをやったことがない方や、バレエは敷居が高いと感じる方でも安心して始められますよ。
バレエストレッチでバレエの姿勢を身につけると、後ろ姿が全く違ってきます。美しい姿勢で自信あふれる毎日を手に入れてくださいね!

 

無料の体験レッスンはこちら

そのほかお問い合わせはこちらから

カテゴリー

アーカイブ